ホットヨガでダイエットを実践

中性脂肪が気になる方にオススメ!

ホットヨガでダイエットを実践&心も体もリフレッシュ

 

ヨガブームが、ダイエットをされている女性の話題の中心になったことがあるかと思います!海外セレブから発信され人気が高まったダイエット方法の1つですね。

 

日本でも20〜30代のOLさんを中心に一時は流行し、脂肪燃焼効果の期待できる習い事として覚えていらっしゃる方も多いかと思います。

 

さて皆さん、「ホットヨガ」なるものはご存知でしょうか?最近もまた、じわじわと復活してきたヨガブームですが、それを支えているのは「ホットヨガ」と呼ばれるヨガの進化系の効果なのです。

 

ホットヨガとはその名の通り「暖かいヨガ」というイメージが一番分かりやすいかと思いますが、身体を温めると身体の柔軟がされやすくなるという作用を利用したヨガの手法です。

 

もともとヨガとは、独特なダイエット効果を得るための呼吸法がポイントで、ゆったりとポーズを作り、リラックスしながら行うダイエットとして人気を博していました。

 

ヨガのポーズと呼吸法の組み合わせでは、内臓や免疫力に刺激を与え、筋肉を刺激したり筋肉の緊張をほぐしたり、骨格を矯正する効果を発揮してくれ、ヨガの呼吸法が精神を穏やかにし、余分な緊張をほぐすことでストレス解消効果も作用してくれるのです。

 

効率的な脂肪燃焼効果で基礎代謝を高めてくれるので、精神的にも肉体的にも負担なく、気持ちよくダイエットできる現代の主流ダイエット群に属すると思います。

 

呼吸には深い呼吸法と言われる腹式呼吸と、浅い呼吸法と言われる胸式呼吸がありますが、ヨガはこの二つの呼吸法をポーズによって使い分けることで、幅広いダイエット効果をもたらしてくれるのです。

 

ここでホットヨガは室温の温度を、人間の筋肉の柔軟性が一番高まると言われている39度前後に設定し、湿度は55〜65パーセントの空間の中で行います。

 

このような環境の中で行うホットヨガは、大量の発汗作用が表れますので、湿度が低すぎると汗がすぐに蒸発して肌がかさかさに乾燥してしまいます。

 

逆に湿度が高すぎると汗の蒸発の働きが鈍くなるので、べたべたした汗に不快を感じてしまう可能性が高いので、湿度は最も適度な55〜65パーセントになるように気を配る必要があるでしょう。

 

身体を温めて筋肉をほぐしていくので、体中の血行の流れが良くなり、ホットヨガの環境にいるだけでも体が温まっていき、これは冷え性改善効果が期待できます。

 

室温や湿度が最適な環境下で大量の汗を体内から流すということは、体内の老廃物も身体の外へ流してくれる役目もあるので、デトックス効果もあるのです。

 

ホットヨガでダイエットを実践された方は、体重だけではなく体脂肪も目標まで落とせた!という方が多いようです。

 

いかに筋肉を鍛えて、余分な脂肪を減らせたのかが分かる効果ですよね。

 

自己流で行ってしまうと、脂肪が減少して体重が減少したと誤ってしまう方も多いですが、実際は筋肉が落ちただけであって体脂肪は変わっていない結果が多いので、ダイエット方法は気を付けてくださいね。

 

心も体もリフレッシュする気持ちで、「ホットヨガ」はいかがでしょうか!

 

【スポンサード リンク】

 

スポンサードリンク