簡単ダイエット情報発信局

中性脂肪が気になる方にオススメ!

ポカリスエットをダイエット活用しよう

 

子供の頃から日常生活に溶け込んでいる大塚製薬の「ポカリスエット」だと思いますが、皆さんにもなじみ深い飲み物の1つではないでしょうか?
スポーツには欠かせないイメージの高いポカリスエットですが、風邪を引いた時なども、お医者さんからポカリスエットを勧められた経験がある方もいるのではないかと思います。体力が弱っている時にポカリスエットの作用は効果的だからでしょうね。通常の点滴の主成分は「ブドウ糖」で、ポカリスエットは点滴と同じような効果があると考えられているようです。

 

このようなことから、ポカリスエットダイエット(食事を取らずにひたすらポカリスエットを飲むダイエット)を実行する方がいらっしゃったようですが、当然失敗したことでしょう。いくら点滴と同じ効果があると考えても、実生活の上で点滴だけでは生きていけませんからね。

 

通常の点滴の目的とは、血管内に直接お薬や水分を入れて、病気の時に食事が取れなかったり十分に栄養が取れない場合に一時的な応急処置のように行うものですので、ダイエット作用なんてもちろんありませんし、点滴だけで十分な栄養は補えません。ポカリスエットも点滴も人間の体液に近い「電解質溶液」なので、風邪をひいたり体調を崩した時は、体内の電解質バランスが崩れてしまうので、その崩れたバランスを補うためにポカリスエットを摂取する事が良いという意味で、お医者さんは進めているのだと思います。
間違った認識や解釈をしてダイエットを行ってしまうと、結果的に身体を壊してしまったり、リバウンドの恐怖が待ち構えている状況を自ら作ってしまうようになってしまうので、情報には十分気を付けて頂きたいと思います。

 

ポカリスエットと点滴は同じ成分説が流れていますが、点滴は病状によって中身が異なります。一概に同じ成分とは考えないで、あくまでポカリスエットはダイエットに重要な要素でもある「水分補給」と考えた方が良いでしょうね。水分を取り過ぎた方が体重が増えるのではないかという考えを持っていた方がいらっしゃたら、それは間違いです。ダイエット中にも十分な水分は必要ですし、体内の水分量が下がると筋肉の水分量も下がってしまい、筋肉量が落ちてしまいます。

 

筋肉量が落ちてしまうと脂肪燃焼のパワーがまでもがダウンしてしまうので、燃焼できない脂肪が溜まっていき…体脂肪率が上がってしまう…という恐怖のピラミッド図が出来上がってしまうのです。水分補給する事で体内の代謝を促進してくれるのですから、無理に水分補給を我慢してイライラしながらダイエットを続けても、全く意味が無いですよ。

 

サウナで大量の汗をかいて痩せたのにせっかく水分出し切って体重落としたんだから、また水分を入れて体重増やしたくないと言うような考えはダメです!そんな一時的に何百グラムか減ったとことで、成功したダイエットとは言えませんからね。余分な水分や老廃物は体内から出す、新しく新鮮な水分を摂取する。この繰り返しで新陳代謝のサイクルを活発化させ、脂肪燃焼へと繋げていくことが成功するダイエットの基本です。

 

スポンサードリンク