脚を上げて寝るだけダイエット

中性脂肪が気になる方にオススメ!

脚を上げて寝るだけのダイエット

 

寝ている時にも私たちの身体の細胞は、休むことなくしかも絶え間なく活動しています。
寝るときの姿勢について考えてみたりした事はありますか?

 

起きている時の意識がしっかりある時は、皆さんもちろんダイエットを頑張る努力をなさっていると思いますが、眠る時に油断してしまってはいまいでしょうか?

 

もったいないことです!今日からは寝ている時にも楽にダイエットしていきましょう!実は寝ている時に効果がでるダイエット部位は下半身なんです。下半身ダイエットに効果がある寝方とは、脚の位置を上げてあげるだけで良いのです。

 

たったこれだけです。簡単ですよね。単純すぎましたか?その単純なことが重要なポイントになるのです!それだけで痩せるなら苦労しないわ…と思われる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、さっそく今晩から試してみてください。

 

翌朝、目が覚めた時に実感できると思いますよ。実践されている方とされていない方では、同じダイエットを行っていても成果には必ず差が出てきます。こんな単純なことならば、無理なく苦労なく実践できるので、是非ダイエットを頑張っている皆さんにもお勧めしたいと思います。

 

立ち仕事や移動が多い女性の方は、帰宅されてから靴を脱いだ瞬間や、お風呂上りに一息ついている時に「脚がむくんでいるなぁ…」と感じる方は多いですよね。お風呂で温めて疲れをほぐしてあげたつもりでも、「むくんでいるなぁ…」と感じたことはありませんか?

 

脚は体重のすべてを支えて、地球の引力に逆らっているので、どうしてもむくんでしまうのです。日頃ダイエットを頑張っていても、脚のむくみまでには、あまり気が回りませんよね?「むくんでいるなぁ…」と思うくらいで寝てしまいますよね?その眠っている時にむくみが解消されたなら、こんなに嬉しいことはないかと思います。脚のむくみの原因は、重力で溜まってしまった血液や水分及びリンパ液なのです。そこで寝ている時には脚を上げてあげることで、またまた重力に従って、筋肉に溜まる疲労物質の乳酸や老廃物なども一緒に、上半身へと回してくれるので脚のむくみが解消されるのです。

 

一番の効果的な理由としてはリンパ液が心臓に戻りさえすれば
むくみはなくなるということです!
脚首にバスタオルやタオルなどを丸めて5〜10センチ以内の高さを作って、
そこに脚を乗せてあげるだけなのですが、これ以上の高さになると、
脚の付け根の静動脈が圧迫されてしまって逆効果になってしまうのです。

 

体内の血液や水分が全身に回らずに、顔がむくんでしまったり、
心臓に戻らなければいけない水分や血液が下半身付近に溜まってしまうので、
むくみ解消どころか余計にむくんでしまうので、高さには十分気を付けてください。

 

脚を上げて寝るということは、普段の生活で脚に水分や血液が溜まってしまってのむくみを解消するのが目的なのですが、やりすぎるとかえってむくんでしまう意味のない行動になってしまいます。適度な高さで試してくださいね。

 

スポンサードリンク